[PR広告]本当に効果のあった勃起不全薬とは? [PR広告]これを読めば融資はバッチリ! [PR広告]ブラックでも大丈夫!信用情報を見ない銀行はどこ?
ランキング
記事のランキング
1
消防士の妻になる

第28回 「消防士の食事当番」

今回は、「消防士の食事当番」についてお話ししたいと思います。ご存じの方も多いと思うのですが、夜勤がある消防士の多くは、食事当番があります。普段から、いわゆる「同じ釜の飯」を食べています。・・といっても、ただ時間になったら食事が出てくると良いのですがそんなわけもなく、「その日の食事当番の消防士が作ったものを同じ班のメンバーが食べる」という女性であっても気の引けてしまう当番が存在します。この食事当番は、その班によって夜だけだったり、朝もあったり、異なることもあるようですが、消防士になったからには避けて通れないものの一つです。と前置きはこの辺にして、早速その内容について。(自治体や班によって違うと思うので、あくまで一例になってしまいますが。。)・班(チーム)によって食費を集める。・食事当番が割り当てられる。(班の中の年長者は除かれる場合が多い。)・食事当番は事前に食材を買っておく。この当番、結構頻繁に回ってくるのかと思いきや、我が家の旦那さんの場合は月に1~2回くらい。食事当番の前の出勤日は、仕事が終わった後に勤務先のスーパーに買い物に行き、職場の冷蔵庫に食材を入れてから帰ってきます。メニューは、その班のメンバー(特に年長者)の好き嫌いに注意して決めればOK。「新人の頃に磨いた調理スキルで大丈夫。その後は人とかぶりにくい得意メニューがいくつかあれば乗り切れる。」我が家の旦那さんを見てるとそんな感じです。とらえ方によるのかもしれませんが、プレッシャーの点から見ても、改めて「消防士すごいぜ。。」と思ってしまう私です。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0b787dad.f6aaafb1.0b787dae.71230a16";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; imobile_tag_ver = "0.2"; imobile_pid = "27474"; imobile_asid = "212932"; imobile_type = "inline";

...
2
消防士の妻になる

第27回 「消防士の夏休み」

今回は消防士の夏休みについてお話したいと思います。一般的な会社勤めの方も、今は『「お盆休み」で一斉に休み』という方ばかりではなくなってきたなぁと感じます。消防士もそんな人たちの一人でして、お盆であろうがなかろうが、火事や救急はなくなりません。そんなわけで消防士さんの夏休みはどうなっているのかというと、我が家の旦那さんの場合、通常のお休みである公休の他に、この夏は「季節休」のようなネーミングのお休みを2.3日もらっていました。この日数分、いつもより多めに休日の希望を言っていました。うちの旦那さんはお盆を外して5連休にすることができました。同僚たちも連休でとっている人もいれば、細かく3連休が欲しい人など様々だったようです。(分かりやすいように「初日の夜勤明けも休み」としてしまうと3連休は毎月3回くらいはあります。)それぞれの予定によって割と希望通り取れそうです。ただ、休みの日程が重なりすぎた場合はやはり年功序列ってところでしょうか。旦那の職場の場合、月によって休みが集中しないように年間を通して、年休(一般的にいう有休)を消化しているシフトになっています。消防士についてはそういった職場は多いのではないでしょうか。ちなみに海外へ渡航する際は届け出を出すことになっていまして、「年に何度も頻繁に海外旅行を楽しむ」という人はやはり少ない職業かもかもしれません。一例ということで参考になればと思います。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0b787dad.f6aaafb1.0b787dae.71230a16";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; imobile_tag_ver = "0.2"; imobile_pid = "27474"; imobile_asid = "212932"; imobile_type = "inline";

...
3
消防士の妻になる

第25回 「消防士と結婚して良くなかったこと」

今回は、前回の「消防士と結婚して良かったこと」に引き続き、良くなかったことについてお話したいと思います。私は個人的には旦那さんや子供とも仲良く暮らしていて幸せな生活を毎日を送っているのですが、「旦那さん(彼氏)が消防士」ということで困ったことや辛いことなどをあげてみたいと思います。<結婚前の彼氏時代>「土日休みじゃない」「私は楽しい休日」だけれど、「彼氏はちょっとお疲れな夜勤明け」などテンションが違うときもしばしば。「電波の入るところにいる必要がある」特に新米消防士の頃はかなり気にしていたようでした。「いつ職場からかかってくるか分からない」という緊張感があったようです。地下のカラオケで電波なくてソワソワなんてこと、ありました。(懐かしい・・・)けれど、私と一緒に居た時に出動要請はありませんでしたよ。「休日の昼間何してるかわからない」私に言えないこと、してたのかもしれませんね~!知らぬが仏ですかね。「おやすみコールができない」出勤の間でもメールなどはたまにできますよ~。電話は緊急でなければできません。でも期待しちゃダメです。ましてやこっちの時間に合わせてもらうことは難しいです。<結婚してからの旦那時代>「夕飯を一緒に食べれない」もちろん食べれる日はあるのですよ。でも普通の方と比べると少ないし、夜勤の日は食べてももらえない。自分のためだけに作る気はしないです、、。「体を鍛えに夜の夕食後のひとときは頻繁にジムへ」我が家の旦那さんの場合です。半分愚痴です。日勤の時なんかはお風呂も兼ねてほぼ毎日スポーツジムに通っていましたよ。「災害や地震の震度によっては、真っ先に職場へ」大事なことです。そんな時は私は一刻も早く送り出せるようにしたいと思っています。そのために、子供の分と私の分の災害用持ち物はしっかり揃え、私が子供を守ろうと思います。「夜に夫が不在の時が多い」子育て中は夕方から夜にやることも多いものです。夕飯の支度、子供の食事、自分の食事、お風呂、寝かしつけ、後片付けなど。全て助っ人はいません。特に食事~は時間をずらしてやることはできないので子供を見ながらだと結構忙しいです。こんなところでしょうか。まだあるとは思うのですが、思いついたらさりげなく項目を足しているかもしれません。なんだか前回と比べて少し愚痴っぽくなってしまいました。でも、もう一度言ってしまうと、こんな毎日ですが私はとっても幸せに暮らしていますので、皆さまもそこまで心配しないで頂けるといいなと思います。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0b787dad.f6aaafb1.0b787dae.71230a16";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; imobile_tag_ver = "0.2"; imobile_pid = "27474"; imobile_asid = "212932"; imobile_type = "inline";

...
4
消防士の妻になる

第21回 「消防士と出会うには」~恋愛編~

今回は消防士との出会いについてお話したいと思います。以前メッセージで「消防士の旦那さんとどうやって出会ったのですか?」という質問を頂いたのですが、私たち夫婦は学生時代にバイト先で知り合いました。なので、消防士になると決める前から付き合っていましたし、公務員試験勉強中の夫も見てきました。あまり参考になる話でなくてすみません。では旦那さんの職場の方々は・・といいますと、ご想像の通り、職場恋愛というのがほぼありません。あっても僅かにいらっしゃる女性の同期の方とでしょうか。ただ夫の同期の女性の方(1名のみ)は社内恋愛ではなく結婚されました。男性陣だと多く聞くのが「消防士になる前に知り合っていた」が断トツに多い。その他は合コンだったり、あとはたまに、救急車に乗る隊員だったりすると、搬送先にいた看護師さんとか。あとは友達の紹介。「これから消防士の彼氏を見つけたい」という方がいらっしゃたら、やはり近道は「一人でも良いから消防士と知り合いになる」ということじゃないでしょうか。同じ班の同僚とかだと、長い時間(食事をとったり寝たり)家族のような生活をしている分、それなりにコミュニケーションもあるようで、結構周りの状況を知っています(彼女いる、いないなど)。そして性格的な事も普通の職場の同僚より知る機会が多いでしょう。なので、意外と貴女にぴったりの人を紹介してくれるかもしれません。なので、一人の消防士を見つけてその方を「恋愛対象」としてみるのではなく、友達関係になり、同僚の方を紹介してもらったり、合コンなどするのもいいかもしれません。最近テレビでよくみかけるので興味を持ち調べてみたところ、お見合いパーティーでも「公務員編」「消防士編」「自衛官編」などもあるようです。例えば、「エクシオ」←ここなんかは「公務員限定編」がありました。もっと探せば「消防士編」もあるのでしょうか??ちょっとわかりませんでした。それか、特別な企画だったのでしょうか・・。あと番外ですが、もし私がスポーツジムなどに通っていたら、平日昼間に入念に筋トレをしている人などを見ると「もしやこの人も・・?」と思ってしまうと思います。消防士の方たちは体を動かすのが好きな人が多いので、平日昼間にスポーツ系の趣味に打ち込む人は多いと思いますよ。https://track.affiliate-b.com/rb/5122/307363" charset="utf-8">https://track.affiliate-b.com/visit.php?a=p1518x-W180976E&p=S307363m" target="_blank">https://www.affiliate-b.com/upload_image/1518-1362278953-3.gif" width="320" height="50" style="border:none;">http://track.affiliate-b.com/lead/p1518x/S307363m/W180976E" width="1" height="1" style="border:none;" />

...
5
消防士の妻になる

第24回 「消防士と結婚して良かったこと」

今回は、時々尋ねられることがある「消防士と結婚して良かったこと」についてお話ししたいと思います。正確には、「私が夫(消防士)と結婚して良かったこと」なってしまいますね。多少おのろけのように聞こえるかもしれませんが、今回は「結婚して良かったこと」にテーマを絞っています。「良くなかったこと」については言及していませんのでお許しください。「収入が安定している」決して「多い」ではないのです。でも毎月「ブレない」ことも私にとっては安心の一つです。「特別忙しい期間、時期などがなく休みもしっかり休める」納期や売上や決算などとは無縁なため。「力持ち、体力がある」買い物などでも大抵は妻の私が持つことなく済みます。「フットワークが軽いこと」一般的に多くの人が面倒だなと思うことでも、既に片づけていることが多いです。「仕事の事で愚痴らない」仕事の性質上、「煮詰まる」ということがないのかもしれません。守秘義務もあるため。「家事は得意」職場でも料理を含め、共同生活をしているため。「子供に父親の職業を説明しやすく、尊敬されやすい」私の個人的な主観です。他にも、「平日休みが多いため、出かけた先が空いている」「お腹が出ていない(いつまでも若々しい体型を維持している)」「体を動かすことでストレスを発散している(ようにみえる)」「私の実家で親族受けが良い」(認知されやすい職業だからでしょうか)などがあります。もちろん人による面もあると思いますが、一致することも少なくないはず。いつか「消防士と結婚して残念だったこと、嫌だったこと」についてお話しする機会もあるのでしょうか。できればまたお話しできたらと思います。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0b787dad.f6aaafb1.0b787dae.71230a16";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";

...
6
消防士の妻になる

第22回 「消防士の奥さんは専業主婦が多いのか?」

今回は「消防士の妻は専業主婦?共働き?」についてです。これは私も個人的に興味津々でした。というのも、私も独身時代から仕事をしてきて、夫と結婚後、現在は産休→育休中でして、今後のために消防士の奥様方はどのようにお仕事なり、専業主婦なりをされているのかが気になっておりました。夫の同僚の消防士の奥さん方は七割方くらい「専業主婦」であるという印象です。残りの三割がパートorフルタイムをしている感じでしょうか。年配のご夫婦で「奥様がフルタイム」はかなり少ないです。それにはいくつか理由がありまして、我が家の旦那さんの同僚さんたちは、夫より年上の方々が多いです。そういう方たちは、近年就職した人たちよりも収入の基本ベースがやや多めな傾向があるようです。(景気の良い時期から働いていた人の方がベースアップが早かったのは民間企業にも多くいえることではないでしょうか?階級にもよりますが、今の若い世代が定年近くを迎えた頃、現在の年配の先輩方のお給料よりも少なくなっているはずです。退職金についてもおそらく同じです。)そんな収入面のこともあり、働く必要がなかったり、また「女性が働く」ということに抵抗があった世代のご夫婦もいらっしゃるのも理由の一つと思われます。では、割と近年就職し、たくましく生き抜く必要がある私たち夫婦はどうしたらよいか・・。我々夫婦は今後も「共働き」を選択することになりそうです。夫の収入で決してやっていけないわけではありません。ただ「十分か?」と尋ねられると子供のことも考えると十分とは言い切れないのが現状です。もちろん、それぞれの家庭によって、奥様の仕事についての考え方や生活の仕方、子育ての考え方が違うので、あくまで我が家の場合なのですが・・。ただ一言で「共働き」と言っても消防士の多くは夜勤も多い。「月~金の勤務」の方たちと違う点もあるかと思いますので、そのあたりのシュミレーションは私たちもする必要があるので、周りの方々を参考にしつつ、またお話しできたらと思います。

...
7
消防設備士の点検日記

住宅用火災警報器の更新のすすめ

 先日、消防設備の組合の会合にてホーチキ社製の住宅用火災警報器がある共同住宅にて内部タイマーが働いて突如一斉に電池切れサインが鳴動しだして消防署も出動して大変な思いをしたと話を聞いたのを思い出しその際は軽く聞き流していたのですが、うちも以前結構ホーチキ社製の住宅用火災警報器を設置していたので調べてみる事にしました。弊社ではちょうど10年前の2007年頃はヤマトプロテック社製の住宅用火災警報器けむピーを設置していたのですが、こちらは電池が10年持たずに電池切れサインが出るということで、もう数年(3~4年)前に電池交換等の対応で大変な思いをしました。そのあと、2007年後半から2008年に入ってはモリタ社製のスモークウォッチャーという住警器をメインでかなり設置しておりましたが、こちらはホーチキ社製のOEMのため、上記電池切れに該当する可能性があるのでかなり心配で調べてみました。ホーチキ社製のホームページを見るとリコール対象となっている10年電池式のタイプでは内部タイマーがあり、5年半後に一斉に鳴動し始めるため、無償交換となっていました。http://www.hochiki.co.jp/news/newsdata/n201309.pdfこの形のタイプは弊社では設置していないので大丈夫なんですが、自分が聞いた話では9年半で一斉に鳴動すると言ってたので、ホーチキに問い合わせを実施。すると、「下記の機種において「日数のカウント機能」があるという事が分かりました。 電源を入れてから10年と6ヶ月を過ぎるとお知らせ音を出します。 ただし、この音は電池切れ警報音または故障警報音と同じですので、 違いは分かりません。  煙式 SS-2LH-10HC  熱式 SS-FD-10HC 住宅用火災警報器は機能劣化を考慮して、10年の使用を目安に 本体交換をしていただく様にご案内させていただいておりますので、 警報音の鳴動に合わせて、新しい警報器に更新をしていただきます様 お願い申し上げます。」 との事でした。 ホーチキの10年タイプの住警器は2005年より発売されて、2006年、2007年、2008年現在と、5回バージョンアップ しているようなんですが、そのうちの最初のタイプだけが該当するようです。 ボタンが小さいボッチみたいになっているタイプでボタンが丸四角のタイプは対象ではないです。ホーチキ社製の住警器はボタンを長押ししてはじめて通電して警戒し始めるのですが、警戒し始めると内部カウント機能が始まり、10年6カ月ちょうどで電池切れのサインが出るとの事。つまり、住警器設置のチラシを配布してその日のうちに20世帯に全て設置したとしたら、その日からちょうど10年6カ月で一斉に電池切れが鳴動し始める訳です。正確には1世帯で鳴り出して数分後に次の世帯を設置しているでしょうから数分後に次の世帯で鳴動し始めるはずです。いやーー恐ろしいですね。ちゃんと周知しておかないと騒動になりかねません。とりあえず10年6カ月なんでもう少し先ですが、設置した型番まで控えてないので該当しそうな物件を全てピックアップして早めに対処しないと大変なことになりそうです。ちなみに上記の内部カウント機能のある型式は交換電池は販売していないとの事ですので機器毎交換する必要があります。写真はガス漏れ検知器の交換写真です。受信機で断線(故障)表示が出ており、検知器を調べると規定の電圧が出力されていないため交換を実施したところ直りました。それ以外の厨房の検知器を作動試験をすると1か所全く作動せず。よくよく見ると中に油がびっしりと入っている感じなので合計2か所交換しました。------------------------------------------------------------防犯・防災カテゴリにて6位アップ!お願いしますクリッククリックなんとかこの位置から上位を目指したいです。それにはin200を目指さねば。週1頑張りますからぜひぜひ、応援クリック何卒よろしくお願いします!!人気blogランキングへマウスクリック連打!連打!しても1カウントですが。。よろしくお願いします!!!------------------------------------------------------------◎点検君5発売開始しました!!  点検君1と点検君4の機能を兼ね備えています。◎楽ECO(煙試験機)販売開始しました! 自分も点検で使用していますが、慣れるととても使いやすいですし、 煙の発報復旧が早くて点検のせいで煙感知器が壊れる事も減りそう。、 オゾン層破壊をこれ以上進めるのもよくありませんがこれなら環境にやさしい。 煙のボンベが要らず、液体のロウはほとんどタダに近い! 近々ボンベの値段が上がるという噂も。この試験機を使えば経費削減にも なりますね。http://www.shop-online.jp/syoubou※本ブログを見たと言って購入頂けたら値引きさせて頂きます!◎ピトーキングセット大好評発売中です。結構売れてます。 エポと違って何しろ軽い!びっくりです。プラスチックなのでぶつけて 壊さないようにしたいと思います。65Aも放水できるしお買い得です。◎火災通報装置試験用擬似交換機ANTS-101売れてます。http://www.shop-online.jp/syoubou------------------------------------------------------------※消防設備点検の依頼、相談、見積受け付けてます。電話でも構いませんが日中は現場の事が多いのでメールお待ちしてます。http://www.geocities.jp/shouboutenken/------------------------------------------------------------

...
8
勝手に東京消防庁応援ブログ

第四消防方面本部YW

今日は第四消防方面本部YWをUpします。 新宿消防署戸塚出張所に置いてありました。 更新されたばかりでピカピカです。 救急車と違い補助灯はついていないのですね。

...
9
勝手に東京消防庁応援ブログ

京橋消防署 京橋1

今日の1台は 京橋消防署 京橋1 です。 何度も登場しますが今日は京橋消防署で撮った時のものです。

...
10
消防士の妻になる

第26回 「消防士の非番と呼び出し」

今回は非番と緊急呼び出しについてお話ししようと思います。先日、某自治体の消防署員8名と緊急呼び出しについてのニュースを耳にしました。飲酒や野球大会への出場が取り上げられていましたが、詳しいことは存じ上げないので、私個人の推察と意見としてご覧いただければと思います。まず、非番についてですが、我が家の旦那さんも消防署の職員ですので、非番はあります。交代制はその自治体によって違うのですが、例えば、24時間働いて(当番)、24時間休む(非番)という交代制や、日勤・当番・非番をローテーションで行う(24時間勤務はなし)などの交代制が採用されているかと思います。つまり「非番」というのは、一般の平日勤務の方でいう「休日」に代わるものと言えると思います。ただ、消防署員の「非番」については『緊急時の呼び出しに応じる義務がある』ということでもあります。さて、いつ完全なフリーな日なのでしょう?『飲酒はいつすれば?』『電波がつながらないところでは?』・・こうなってくると休みが休みでなくなってくるような気がします。ただ、今回の場合は、命を落とされた方がいらっしゃる大火事だったということもあり、この消防署員たちもたまたまクローズアップされてしまった部分もあると思います。ですが、厳しいことを言えば、少なくとも「多くの方々に納得してもらえる行動をとれなかった」ということは残念だったかなと思います。非番の過ごし方について避難されているのではなく、こういった緊急時に、『もっと良い対処の仕方があったのではないか』という点で避難されているのではないかと思いますが、いい意味でも悪い意味でも普段は統率のとれた消防署員。この時の上司の行動に疑問を持った人がいたとしても恐らく言えないだろうなぁと勘ぐってしまったりするのは私だけでしょうか。このことで、消防署員は必要以上に危機感を持たなくても良いと思いますが、「区民、市民のために働いているんだ」ということも忘れてはならないな、と思いました。つらつらと思いを書いてしまいましたが、今回はこのへんで。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0b787dad.f6aaafb1.0b787dae.71230a16";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; imobile_tag_ver = "0.2"; imobile_pid = "27474"; imobile_asid = "212932"; imobile_type = "inline";

...

このページのトップへ